作成者別アーカイブ: admin_fujiwaracli

抜歯後の注意事項

三軒茶屋のふじわら歯科医院です。こんにちは。
今回は抜歯後の注意事項を説明いたします。抜歯は歯科治療の中でも、治療後に必ず守っていただきたいことがあります。
傷口が化膿したりすることがありますので注意してください。

以下に注意事項を列挙しておきます。
抜歯後の注意事項
1 お風呂、スポーツ、飲酒は禁止です。
2 薬は指示通りに服用してください。
3 傷口をさわらないでください。
4 うがいをしすぎないようにしてください。
5 食事は刺激物や熱いものを避けてください。

■麻酔は30分から3時間くらいで切れます。その間は誤って口の中を咬んだり、やけどをしたりしやすいので、気をつけてください。
■抜歯の当日は風呂に入ったり、運動をしたり、お酒を飲んではいけません。血行がよくなって血が止まりにくかったり、一度止まっていた血がでてきたりします。
■抜歯をした後の傷口は暗赤色のゼリー状のかさぶたでおおわれています。うがいをし過ぎたり、傷口をいじっているとゼリー状のかさぶたがとれて骨面が露出することがあります。骨面が露出すると痛みが出たり、傷口の治りが悪かったりするので、傷口を触らないようにしてください。
■歯磨きをしてもいいのですが、傷のあるところはやめましょう。食事は刺激物や熱いものは避けましょう。

痛んだときは
■痛みが強くなってきたら早めに鎮痛剤を飲んでください。鎮痛剤を飲んでも痛みがすぐにおさまらない場合もありますが、鎮痛剤を追加する場合は少なくても4時間くらいは時間をあけて飲んでください。
■抜歯後2、3日すると痛みがおさまってきます。一週間過ぎてもまだ痛みが続く場合や、よけいに痛くなった場合は主治医の先生に相談しましょう。

血が止まりにくいときは
■血がとまりにくかったり、心配なほど血が出てきたりしたときには抜歯したところにガーゼをつめて20~30分間しっかり噛みしめてください。それでも止まらない場合は、主治医の先生に連絡してください。

腫れたときは
■正常な身体の反応ですから心配はいりません。一週間もすれば次第に治ってきます。抜歯後一週間以上経って再び腫れることがありますが、この場合は何か問題があるので主治医に相談してください。

薬のアレルギー
■抗生物質や鎮痛剤を飲むと、おなかが痛くなったり下痢をしたりする人がいます。
また、身体がかゆくなったり、湿疹がでたり、むくんだりする人もいます。早い人では薬を飲んで30分くらいでこのような症状が出ます。このような場合は薬を飲むのをやめて、すぐに主治医に連絡してください。

そのほか、抜歯後ときどきみられること
■下顎の親しらずなどを抜歯した後で、皮膚に紫色や黄色のあざができることがあります。
これは、内出血した血液が吸収されて治っていく途中ですので、心配は要りません。
■下顎の親しらずを抜歯した後で、口が開きづらいことがあります。これは抜歯後、近くの咀嚼筋やその周囲に炎症がひろがったために起きたもので、自然に治ってきますから
心配は要りません。
■下顎の親しらずの抜歯の後で、まれに抜歯をした側の下唇の感覚がなくなったり、鈍くなったりすることがあります。これは親しらずの根の先が下歯槽神経という下唇の知覚と関係のある神経と近い位置にある場合に、歯根や器具が神経を圧迫したりして生じるものと考えられています。数週間で自然に治るものが多いですが、治るのに長期間かかることもあります。マヒの回復を早めるためにビタミン剤や神経の回復を促進するための薬を使うこともあります。

ハロウィン

こんにちは。三軒茶屋のふじわら歯科です。今日は一段と秋に近づきましたね。急に寒くなると、風邪をひきやすくなるので、お体には十分ご注意ください。医院のほうでは、ハロウィンの飾りつけをしました。スタッフ一同心をこめて、皆様の御来院をお待ちしております。定期健診はお早めに。
DSCF1001DSCF1002DSCF1004

先天性欠如歯

こんにちは、三軒茶屋のふじわら歯科医院です。
今日は、すがすがしい秋晴れですね!最近、天候不順で災害が多いですが、がんばっていきましょう!
さて、今回は先天性欠如歯(生まれつき歯がはえてこない)場合についてお話したいと思います。

Qうちの子が先天性欠如歯でないかどうか歯科医院で調べてもらいたいです。何歳くらいに調べるとよいですか?

A永久歯の歯胚は、3歳頃にはおよそできておりかなり正確な診断が可能です。欠如歯の場合、乳歯の虫歯予防が最重要課題。早期発見がカギなので、遅くとも小学校に入る前にはパノラマエックス線写真を撮っておきましょう。
お子さんが先天性欠如歯かどうかを調べるには、いつ頃パノラマエックス線写真を撮ればよいのでしょうか。実は先天性欠如歯は、皆さんが思っているより
早期に調べることができます。というのも、永久歯の歯胚は、3歳になれば乳歯の下にすでに準備されているからです。乳歯の下に永久歯の歯胚が準備されていれば将来そこに永久歯が生えるはずです。乳歯の下に歯胚の像がない場合、永久歯の欠如が予測されるというわけです。
実は先天性欠如歯の治療では、早期発見はとても大きなアドバンテージです。というのも、先天性欠如歯の場合、乳歯の虫歯予防がとても重要だからです。永久歯が下から生えてこない場合、乳歯は抜けずに残ります。定期的にメンテナンスを受けて大事に使っていけば、この乳歯を30歳、40歳と使い続けることも夢ではありません。将来、できるだけ小さな治療で済ませるには、この方法が一番なのです。
また、必要に応じて早くから矯正専門医を紹介してもらい経過観察を受けていれば、お子さんの成長に合わせた適正な時期に、矯正治療を開始できます。場合によっては、まだあごの成長が柔軟な年長さんの頃から矯正治療の下準備を始めることで、その後の治療をより小規模に、そして有利に進めることもできるのです。
6歳も終わりがけになれば、確定的な診断が可能になります。ただ、このときすでに乳歯が虫歯になっていると、それを長く使い続けることが難しくなります。幼児期からの虫歯が予防は、最小限の治療で快適なお口を保つための、大きな強みになるのです。
3歳では、じっと動かずにエックス線撮影を受けるのは難しいかもしれません。4歳くらいになってできるようになったら、ぜひ1度調べてもらいましょう。虫歯の発生する時期を考えると、遅くとも、小学校に入る前の撮影をおすすめします。

かかりつけ歯科医

こんにちは三軒茶屋のふじわら歯科医院です。毎日暑いですね!熱中症にはくれぐれも、ご注意ください。

さて、今回はかかりつけ歯科医をもつことの、メリットをお話したいと思います。
適切なセルフケアの指導を受け、定期的なメンテナンスを受けることで口腔内の健康を維持し、また、生活全般に関するアドバイスも得て、場合によっては癌などの重篤な疾患の早期発見に繋がる。正しい認識のもとで、かかりつけ歯科医をもつことはQOLの向上に向けて大変に意義があることです。
少なくともかかりつけ歯科医をもてば、ほぼ間違いなく口腔内の健康状態は向上します。
口腔内の健康状態が良好であれば、生活に何がもたらされるか考えてみましょう。
好きなものを不自由なくおいしく食べられます。十分な栄養が取れていれば、いつも元気でいられます。おいしいものを求めて旅行にだって行きたくなるでしょう。口元に自信がつき、大きな口を開けてたくさん笑うこともできます。毎日が楽しくなり、外出や友人の付き合いにも積極的になれます。これこそが、QOLが高い生活習慣であり、長寿に繋がる健康長寿の秘訣となるのです。

矯正治療無料相談会

みなさまこんにちは。
梅雨のうっとおしい時期どのようにお過ごしですか?
毎回好評の矯正無料相談会は次回7月16日(木)18:00より開催します!
歯並び全般の悩み、前歯がガチャガチャ、受け口が心配、歯並びが心配で子供の歯磨きの方法、矯正って小さなころからはじめたほうが有利?など日ごろの歯並びの悩みについて、どんどん相談してみてください。担当は日本矯正歯科学会認定医の渋谷が行いますので、宜しくお願いします(要予約)。

入れ歯安定剤、どう使う?

三軒茶屋のふじわら歯科医院です。今回は入れ歯安定剤について考えてみたいと思います。
入れ歯安定剤については、歯科で長い間、「なるべく使わないようにしてくださいね」とお願いすることが多かったと思います。というのも、よく調整された適合する入れ歯であれば、「入れ歯安定剤は基本的に必要ない」というのが、本来の考え方だからです。また、入れ歯安定剤は、使い方によっては、歯と入れ歯の適合を悪化させてしまうことがあります。こうした事情から、歯科医師は入れ歯安定剤の使用についてあまり評価してこなかったのです。
ところが、現在国内で販売されている入れ歯安定剤の市場規模は120億円以上。超高齢化社会になり、この規模はさらに拡大の一途を辿っていると言われています。大変多くの方が、入れ歯の使い心地を良くするために安定剤を使っておられるのが現状です。こうした中、入れ歯安定剤の使用を全面的に「だめ」と患者さんにお願いすることは、確かに正論である一方、実態にそぐわなくなってきました。また、入れ歯安定剤の機能についての研究が進み、近年では入れ歯安定剤も、うまく選んで活用すれば、入れ歯の使い心地の改善に役立つ安全な補助材料であるという評価がされるようになりました。
ただし、がたついて合わない入れ歯を直さずに、入れ歯安定剤でごまかしながら使い続けていると、その入れ歯が抱えている問題は解決しません。それに、入れ歯安定剤が問題を隠してしまい、時には新しい入れ歯を作ることさえ難しい難症例を生んでしまうことさえあります。
入れ歯安定剤は、こうしたマイナス面も踏まえたうえで賢く使うことが重要で、もっとも注意していただきたいのが「選び方」と「使い方」です。入れ歯安定剤は一般的には、パウダータイプ、クリームタイプ、クッションタイプがありますが、おすすめなのが薄くつけやすいパウダータイプかクリームタイプです。この2タイプでしたら、かみ合わせを悪くすることなく、安心してお使いいただけます。
「ボリュームのあるクッションタイプを使わないと入れ歯が合わない」という場合は、よほど部分入れ歯が歯や顎の骨と適合していないと考えられます。まずは歯科医院で調整や修理を受けてください。
クッションタイプは、厚みがあるクッション効果が人気なのですが、使っているうちに噛み合わせが変わりやすく、入れ歯がさらに適合しなくなってしまいやすいのです。また、時間が経つと、固くこびりついて取れにくいので
不衛生になりやすい面もあります。
入れ歯安定剤のために問題が拡大しないよう、使うに当たっては、入れ歯安定剤のパウダータイプかクリームタイプを選び、はじめは薄くつけて使ってみましょう。使うと入れ歯はベタベタになって掃除がしにくいですが、毎日寝る前には綺麗に落として、清潔に保つようにしてください。
また、定期的に歯科医院で調整してもらい、入れ歯を快適に使い続けられるよう、残った歯の健康や噛み合わせを大切に維持していきましょう。

治療が終わったら・・・

 治療がしっかりと終わったら、今度は再発を予防するための歯科医院との新たなお付き合いが始まります。歯石や歯周ポケットにまた溜まって治療がやり直しにならないように、私たち歯科のプロと一緒に炎症のない快適なお口を維持してよく噛める歯を守りましょう。
歯石が歯茎の奥深くに隠れていると、これを綺麗に取り切るにはかなりの根気がいります。もしも歯石を取り残せば、歯石がまとわりついているプラークも歯茎の中に残ってしまいます。するとプラークに潜む歯周病菌が毒素を出し続けるので、歯周炎はなかなか治りません。
しっかりと歯周炎を治療し歯を守るために何よりも必要なのが、徹底的に歯石を取り除くことです。それには、患者さんに何度も通っていただき、お口の中を何ブロックかに分けて根気よく丁寧に取り除く必要があります。
また、歯茎の奥の方までよく取り除こうとすると、治療直後に歯茎が痛んだり、歯がちょっとしみたりすることがあります。必要に応じて麻酔を使って治療をしますが、長い間歯石を溜め込んでいた方ほど、私たちも硬い歯石と戦わなければならず、不快感や知覚過敏が出やすくなるのです。ほとんどの場合は、2~3日でおさまりますが、時にはもう少し長く続くこともあります。気になる症状がありましたら、私たちに遠慮なくお知らせいただきたいと思います。
もちろん、歯石を除去するとき、私たちは歯や歯茎を傷つけないように、細心の注意を払っています。しかし、歯面についてから時間の経った歯石は、とてもしつこく歯にこびりついています。力を入れてガリッガリッと器具を使わないと、なかなか取れるものではありません。患者さんの歯にとって酷なこうした治療は、一度徹底的にやり終えたら、私たちとしても、二度と繰り返したくありません。
そこで歯周炎の治療が終わったら「これでもう歯医者に行かずに済む」などと思わず、再治療が必要にならないように、歯科医院へメンテナンスに通って、定期的に歯周ポケットの中まで綺麗にしてもらいましょう。もしもまた歯石が歯茎の中についても、まだ歯石が柔らかいうちであれば、ガリガリしなくてもきれいに取り除くことができます。定期的にこうしていれば、二度と歯に余分な負担をかけずに済みます。
歯周炎の治療をした患者さんの歯茎は、キュッと引き締まり治ったように見えます。
ところが、健康な人よりも歯周ポケットが深い分、プラークが溜まりやすく、歯石がつきやすいのです。「治療が終わった!」と油断していると、歯周ポケットの中にまた歯石がガチガチにつき、治療が一からやり直しになってしまいます。
患者さんにとっても、私たちにも楽しいとは言いがたい歯石除去。何度も通ってしっかりと治療を終えホッとしたら、今度は治療のためではなく、健診と、歯周ポケットの中まで綺麗にできるプロのクリーニングを受けるために、定期的においでください。
治療の終わりは、再発防止の始まりです。私たち歯科のプロとの新たなお付き合いを是非はじめましょう。

天気いいですね!

4月というのに、最近雨が続いていましたが、今日はとても天気がよく、春と言うより初夏に近い陽気になりました。
天気がいいと心地よいですね!目の前の中学校を写してみました。
IMG_1038

乳児期の虫歯予防について

三軒茶屋のふじわら歯科医院です。3月になり今年はかなり花粉が飛んでますね。毎年花粉症を免れていましたが、さすがに今年はくしゃみが止まらない今日この頃です。いかがお過ごしでしょうか?
さて、今回は
乳児期(特に生後4,5ヶ月から半年くらいまでの)の虫歯予防について説明したいと思います。

★離乳食での失敗
4.5か月頃になると、お乳からでなく色々な食品から栄養をとらなければならなくなりますが、離乳食は成長、発育に必要な栄養をとるだけでなく、色々な食品の固さ、味を覚え、口の動きの発達に伴って噛むことの練習をつみ重ねていく時期でもあります。この時期に注意しなければ虫歯になりやすい食生活の下地が作られていきます。次に日常起こりやすい事柄を挙げてみます。

・甘いものが好き
水分補給のために果汁に蜂蜜や砂糖を入れて飲ませるのではなく、できるだけ自然の味で飲ませ、もし嫌がる場合は薄めて飲ませましょう。できたら番茶や湯ざましがよいでしょう。
離乳食の味付けは、できるだけ薄味にし、大人の味覚で濃い味にしないようにしましょう。にんじんにはにんじんの、お芋にはお芋の味があります。その味を、よく噛んで覚えさせましょう。離乳後期にカステラやクッキーなど砂糖の入った甘いお菓子を与えがちですが、くれぐれも注意しましょう。

・ 不規則な食事のリズム
虫歯になる原因の一つとして、ダラダラ食べと言うのがあります。即ち不規則な食生活によって、いつも口の中が汚れ虫歯が発生しやすい状態になっているのです。離乳食から規則正しい食生活のリズムを作るように心がけることが大切です。特に、寝る前の飲食や夜中に起きてジュース類を飲ませるなどは厳禁です。

・よく、噛まない、噛めない
繊維性のものや、歯ごたえのあるものをよく噛むことにより、口の中は自然に清掃されます。しかし、離乳期に咀嚼機能の発達に応じた食べ方をしないで、固い大きな物を一度に与えたり、柔らかいものばかり与えていると、上手に噛むことができなくなります。そのために、口の中に食べ物をためたままにしたり、柔らかいものばかりを食べるようになり、口の動きや、舌の動きも鈍く、口の自浄作用は低下します。その結果、虫歯ができやすくなります。

・哺乳瓶を長くしようしている
一歳半を過ぎ、奥歯が生えてくる頃になっても、哺乳瓶を使用していると、正常な嚥下できなくなるばかりか、上口唇の動きも悪く、しまりのない口唇となり見かけも悪くなります。しかも、舌は逆方向の前方へ押し出されるような動きになり、食べかすは前歯の回りにたくさんくっつきやすくなり、前歯がとけています。

・偏食がおおくなる
虫歯の多い子供たちには、よく偏食が見られます。離乳食が完了しても上手に噛めない状態が続くと、肉類や繊維性の多い野菜を食べるのが嫌になります。更に味付けが濃かったり、偏りすぎたり、見た目や温度、口あたり、匂いなどに食事での工夫がなされないと、その食べ物を嫌いになってしまうことがあります。また、両親に偏食があると、子供も偏食になりやすいようです。丈夫な歯を作るためには、良質の蛋白質、リン、カルシウム、ビタミンなど、バランスの取れた食事をとる必要がありますが、偏食があると、丈夫な歯は作れません。

■母親の育児態度
・虫歯を作りやすいタイプ
虫歯の多い子供お母さんを見ていると、4つのタイプに分けられるようです。

・甘やかしタイプ・過保護タイプ
子供の欲求に対して、欲しがるがままにジュースやお菓子を与えることが多い。
1~2歳の子供で寝る前にだだをこねたらすぐに哺乳瓶を使用したり、ジュース類を飲ませる
常に子供の身の回りにお菓子の買い置きがある

・放任タイプ
子供に対する保護・育児の気持ちが薄く、食生活を通して、子供の健全な心身の発達を考えない。
一人で食事をさせたり、お小遣いを与え勝手に買い食いさせたり、子供の行動に無関心なことが多い。

・ついついタイプ
虫歯がなく、子供が健全に育つことを願い、その方法も知ってはいるがついつい家庭環境に左右されてしまう。
祖父母同居のために、泣かれたら困るとか、自分の育児方針を出せず、祖父母がお菓子を与えることに対して、諦めて黙って見ている
共働きのために時間がなく、ついつい食事の前に間食を与えたり、食事内容がインスタント風になったりする
下の子が生まれたりすると上の子まで手が回らず、ついついお菓子などでごまかしてしまう

・その他のタイプ
子供の発達段階を把握できない
もう2~3歳で、コップで飲むことができるのに、まだ哺乳瓶で飲ませている。健康食品と言われる物に対し正確な評価を持たない
健康スポーツ飲料を水分補給のために水の変わりに飲ませているが、その内容は糖分が多く、その子供は惨たんたる状態になっている
遊びに行ったらお菓子やジュースをご近所でもらうから
子供に「あなたが甘いものばかり欲しがるからいけないのよ」という
大人が食べているんだからしょうがない・・・など
第一子は真剣に育児に取り組み、虫歯のない子に育てたのに、第二子、第三子になるにつれて、手抜き育児になっているお母さんもいる

■おやつ
間食=甘食ではありません。子供の成長は著しく、1日に必要なエネルギーだけでなく、別の成長のためにもエネルギーが必要です。子供の胃袋は小さいので、3度の食事では間に合いません。どうしても補食が必要となります。それがおやつです。そのおやつは楽しい雰囲気で、子供の心に潤いを与えるようにしましょう。

おやつとしつけ
おやつは時間と量がポイントです。決まった時間に与え、寝る前などには与えないようにします。お砂糖の量の取り過ぎは、偏食・小食・肥満の原因になり、成人病予備軍を作ってしまいます。おやつの量は200Kcal前後、そのうちお砂糖は20g以下に抑えたいものです。
甘いものは間食よりもデザートととして与えてみてはどうですか。食事の後なので量の取り過ぎにもなりません。
甘いおやつと甘い飲物を一緒に与えないようにしましょう。特に粘着性があり、歯にくっつきやすいおやつは避けましょう。例えば、ケーキとジュース、乳酸飲料とビスケットなどです。
虫歯を予防するためには、食べた後にすぐ歯磨きをするのが一番ですが、うがいをするだけでも効果があります。
3~4歳までに甘いものを好きにしてしまわないようにしましょう。

あまいものを少なくしていくには・・・・
外で元気に遊ばせましょう。夢中になって遊んだ後のおやつは、甘いものでなくてもいいのです。お水だって、牛乳だって、煮干しだっていいのです。
おやつを食べる場所を変えてみましょう。雰囲気が変われば何でも美味しく食べれます。
食べ物をよく噛んで食べさせましょう。どんなものにも自然の味があります。本物の甘味は人工の甘味とは違います。しっかり食べ物の味をかみしめてください。
子供の周りに甘いものを置かないようにしましょう。周りの大人たちも甘いものを少なくしていく努力をしてください。
甘いおやつを与える日を決めては0どうですか?お誕生日やクリスマス、遠足、子供たちはその日がとても楽しみで待ち遠しくなります。