歯石を取りに、何度も通うのはなぜ?

こんにちは!三軒茶屋のふじわら歯科医院です。
むし歯の治療で来院した時に、「歯石も取っておきましょう」と言われて、何度か通うことになった経験はありませんか?どうして一度に取ってくれないのだろうと、疑問に思った方もいらっしゃるかもしれません。
その原因としては、むし歯の治療だけ、歯石だけ、と思って来院した患者さんが、実は歯周病にかかっていたことが考えられます。
前にもお話したように、自覚はなくても、ほとんどの人が歯周病にかかっています。つまり、歯科医院側からすれば、歯石取り=歯周病の治療なのです。
歯科医師や歯科衛生士が行う歯石取り、これを「プロフェッショナルケア」と言います。歯周病の治療には、患者さん自身が行う「セルフケア」と、歯科医院で行う「プロフェッショナルケア」の両方が必要になります。歯周病は、患者さんと歯科医師・歯科衛生士が、チームとなって一緒に治していくものなのです。
では、「プロフェッショナルケア」とは、どのようなことを行うのでしょうか。
まず、歯石やプラーク、着色汚れ(ステイン)などを取って、歯の見えている部分をキレイにしていいます。
最初にこのような汚れを取るのは、患者さんが歯磨きをしやすくするためです。
歯石がついていると、歯ブラシが歯と歯茎の境目に当たらなかったり、歯と歯の間がよく磨けなかったりします。その結果、プラークが溜まったままになって、菌がどんどん繁殖してしまうのです。そこで、まずは歯みがきのじゃまになる、見えている歯石を取っていきます。
それから、お茶やコーヒー、赤ワインなどでついてしまう、着色汚れ(ステイン)も取ります。この着色自体は菌ではありませんが、歯の表面がつるつるではない状態になるので、プラークがつきやすくなります。だから、着色も取って、つるつるの面にしてあげます。
ここまでは準備運動のようなもの。患者さんの歯みがきが上達してきたら、本格的な治療の開始です。
それは見えない部分(歯茎の中)の歯石を除去すること。歯周病の治療では、これがとても重要なのです。
歯周病は、歯茎の中についている歯石が原因で進行するので、取り残しがあると治りません。しかし見えない部分についているので、患者さんはもちろん、歯科医師や歯科衛生士でも確認しにくいものです。では、どのようにして、これを取るのでしょうか。
基本は、歯茎の中へ専用の器具を入れて、歯石の有無を確認したら、1本1本丁寧に取っていきます。歯石がついていない部分でも、歯の根っこの表面がザラザラになっていると、そこにプラークがつきやすいので、やすりをかけるようにつるつるに仕上げていきます。
この時、歯茎の中に触れていくため、痛みが出そうな場合には、前もって麻酔をして行います。
また深い歯周ポケットの場合には、歯茎をめくって、歯の根を目で確認しながら歯石を取っていくこともあります。そうすれば、確実に歯石を取りきることができます。でも歯茎をめくるなんて、想像しただけでも痛そうですよね。
このような治療は、患者さんが受ける負担と、それを行う効果をきちんと検証して、相談して決めていくことが大切です。
すべての歯に、ひととおり治療が終わったら、どれくらい良くなったか、歯石の取り残しはないかなどの検査をしてから、再治療や経過観察、メンテナンスへと進んでいきます。
ここまでの治療期間は、健康に近い方なら1カ月くらいで済みますが、場合によっては半年~年単位でかかってしまう場合もあります。
歯周病は時間をかけて進んできた病気です。そのため、治る時にも同じように時間がかかると思って、根気強くゆっくり治していきましょう。
途中でやめてしまうことが、一番危険なのです。

お子様のフッ素

こんにちは、三軒茶屋のふじわら歯科医院です。

今日は虫歯を予防する効果があるフッ素についてご説明します。

虫歯はどうしておこるのでしょうか?

虫歯になる要素は3つあります!

ひとつは「歯磨き!」

ふたつは「甘いものを食べる習慣!」

みっつめは「歯の質!」

特に歯の質は、重要で、乳歯は永久歯にくらべて虫歯になりやすい。また、個人差があって虫歯になりやすい人もいます。

そこで、有用なのが「フッ素!」です。

フッ素ってなに? 私たちをとりまく自然環境のなかに広く分布している「化合物」です。 地中や水、毎日口にする食べ物の中にも含まれています。

フッ素は歯の質を強くする効果があるので、世界各国で虫歯予防に用いられています。

フッ素はどうして歯にいいの? ① 虫歯になりかけた歯を修復します。 歯から溶け出してしまった「リン」や「カルシウム」が再び歯に戻ろうとする作用 (再石灰化)を手助けします。 ② 歯質を強くします。 フッ化物が歯に取り入れられると、エナメル質が強化され、酸に溶けにくい丈夫な歯になります。 ③ 虫歯菌の原因菌のひとつ、ミュータンス菌の働きを抑えます。

このような方々にもおすすめです ・ 虫歯になりやすい方 ・ 歯の萌出期の子供 ・ 矯正治療中の方 ・ 補綴物が多い方 ・ 根面の虫歯になりやすい方

フッ素で虫歯を予防しよう!

●フッ素は歯ブラシの届かない部分を強くする ○フッ素とは? ・歯質の強化 虫歯菌に負けない強い歯になります。 ・再石灰化の促進 虫歯の発生を防ぎます ・初期う蝕の予防 なりはじめの虫歯を予防します ・抗酵素作用・抗菌作用 虫歯菌の働きを弱くします

●フッ素は自然界に存在する元素 フッ素は自然界に存在する元素のひとつです。 フッ素は体にも必要な栄養素であり毎日の食べ物にも微量に含まれています。

●大人の虫歯予防にも有効! 大人では歯肉退縮により露出した歯根面が虫歯になりやすい部分です。 高齢者では病気やお薬の影響で唾液の分泌量が減少することで、さらに虫歯になるリスクが高まります。年齢に関係なく、継続的なフッ化物利用が必要と考えられます。

●フッ素に利用方法は? ○フッ化物塗布法:プロフェッショナルケア 歯科医院・保健所で高濃度のフッ素を定期的に歯に塗布する方法です。 ○フッ化物洗口法:ホームケア 低濃度のフッ素の液体で1日1回うがいをする方法です。 ○フッ化物配合歯磨剤:ホームケア 普段の歯磨きにはフッ素配合歯磨剤がおすすめです。

歯医者さんで使用量をコントロールしていますので、安全に虫歯予防できるところも良いですね!

三軒茶屋のふじわら歯科医院では、虫歯予防についてのご相談も承っていますのでお気軽にお問い合わせください。