一般歯科

三軒茶屋エリアのふじわら歯科医院は、口の中の病気全て網羅して診断、治療を行います。
一番身近では、むし歯など痛い歯の除痛から始まり、歯を入れて美味しく噛むことができるようにすることです。
 
その他にも口腔外科的疾患の診断、治療、歯周病の予防と治療などを行います。
この中には歯以外にも歯ぐきから病気になるものも含まれます。
さらには顎の関節に異常のある場合や全身的な疾患との関係がある場合もあります。
 
最新の歯科医療では、「歯の病気を治す」ことはもとより「病気になる前に予防する」ことにも重点が置かれています。
歯周病から全身疾患になる場合も考えられます。
 

予防歯科

予防歯科とは、虫歯や歯周病にならないように定期的にメインテナンスを行い、予防する歯科治療です。
 
ふじわら歯科医院では、PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning=歯科医師または歯科衛生士による歯のクリーニング)を定期検診時(約3ヶ月~6ヶ月が目安です。)に行うことで、患者さんが健康な歯をいつまでも保てるようお手伝いをさせていただいております。
 

PMTCの効果

ac-033
1.歯周病の予防  歯の付け根のプラークを除去し、歯肉炎の症状が改善される。
2.虫歯の予防  バイオフィルムが破壊され、プラークの再付着を防ぐ。
3.歯がきれいに  歯についたステイン(着色物)を除去し、光沢のある歯になる。
4.歯質の強化  フツ素入りジェルを用いることで再石灰化を促進し、歯を強くする。
 
そのほか歯石の除去も効果的に行います。
 

歯周病治療

歯の周りに付いたプラーク(歯垢)や、歯石の中の歯周病菌により歯肉(歯ぐき)が炎症を起こし、腫れや出血、歯を支えている骨を溶かします。
最終的には歯がグラグラになり抜けてしまうので早期に治療をすることが重要です。
 
歯周病は、じわじわと時間をかけて進行する病気です。
自分では気がつかないようなものを含めると多くの方がかかっているといわれています。
 
虫歯の治療で歯医者さんに行ったら、「歯石取りもしておきましょう」と言われて、複数回の歯科通いになった、という経験はありませんか?
実は歯科医院側からすれば、歯石を除去することは歯周病治療と同じなのです。
 
歯石取りは一度で済ませたい、という患者様もいらっしゃいると思いますが、歯石取りつまり歯周病の治療は、健康に近い方は1ヶ月、場合によっては6ヶ月~年単位でかかることもあります。
 
歯周病は、歯科医師や歯科衛生士が行うプロフェッショナルケアと患者様自身で行うセルフケアの両方が必要で、歯科と患者様と一緒に治療していきます。
 
歯科医師や歯科衛生士が行うプロフェッショナルケアは、最初に患者様が歯磨きをしやすくするために、歯石、プラーク、ステイン(着色汚れ)などをとり、見えている部分の歯をきれいにします。
歯石がついていると、歯と歯茎の境目や歯と歯の間がよく磨けず、プラークが溜まったままになることもあります。
 
プラークが残っていると菌が繁殖する原因にもなり、歯磨きの邪魔にもなってしまいます。
お茶やコーヒーなどでついてしまうステイン(着色汚れ)は菌ではないのですが、歯の表面がツルツルではない状態でプラークがつきやすくなるためステイン(着色汚れ)もとる必要があります。
患者様の歯磨きが上達してきたら本格的な治療がスタートします。
 
歯周病の治療では、歯茎の中の歯石を除去することがとても重要です。取り残しがあると治りません。
歯茎の中の歯石を確認するのは患者様はもちろん歯科医師や歯科衛生士でも確認しづらい部分です。基本的は歯茎の中へ専用の器具を入れ、歯石の有無を確認します。そして1本1本歯石をとっていきます。歯石がついていない部分でも歯の根っこがザラザラの表面だとプラークがつきやすいため、つるつるにしていきます。
歯茎の中を触れるため痛みがでそうな場合には麻酔をすることもあります。
深い歯周ポケットの場合には、歯茎をめくり歯の根を目で確認しながら歯石をとります。そうすることによって歯石が確実に除去できるのです。
 
ひととおり終わったら、どれくらい良くなったか、歯石の取り残しはないかなど検査をしてから治療をして経過の観察、メンテナンスへと進んでいきます。
 
歯周病は、ゆっくりと進行してきた病気ですので、治す時間もかかるという気持ちで、根気強く治していきましょう。
 
三軒茶屋、世田谷区方面から好アクセスのふじわら歯科医院では、治療前に効果を検証して、患者様へもきちんと説明して治療しています。
歯周病など歯の治療に関するご相談は、三軒茶屋エリアのふじわら歯科までご相談ください。
 

歯科保存治療

歯科保存治療とは、ご自分の大切な歯をできるだけ抜かずに残すことを目的とした歯科治療です。
生活をしていく上でご自分の歯に勝るものはありません。
 
当院では、歯の寿命をできるかぎり短くならないように、最新のドイツ製のマイクロスコープ(歯科顕微鏡)を導入しております。
歯科治療にマイクロスコープを導入することによって、肉眼では見えづらい箇所を、拡大して見ることができるので、従来の治療では不可能だった非常に繊細な治療が可能になります。
 
他の歯科医院で抜かなくてはダメと診断を受けた患者さんから、「何とか抜かないようにできないか?」とよくご相談されます。
きちんとていねいで精度の高い治療を行えば抜かずにすむケースも多々あります。
 
歯を残したくてお困りの方は、ふじわら歯科医院までご相談ください。

義歯治療(入れ歯)

合わない入れ歯でガマンしていませんか?合わない入れ歯は全身の不調へとつながります。
下記のような症状がある方は、お気軽にご相談ください。
・上の入れ歯が落ちる
・下の入れ歯が浮く
・話しているときにカタカタ音がする
・入れ歯の歯の部分がすり減って平らになっている
・入れ歯安定剤を使っている
・壊れたままの入れ歯を使っている
適切な入れ歯を使うことによって、お口の疾患を予防し口腔の機能を維持します。
入れ歯のことでお困りの方は、ふじわら歯科医院まで一度ご相談ください。
 

インプラント/口腔外科

インプラントとは、虫歯や歯周病、事故などで失った自分の歯の部分に、入れ歯やブリッジを使わず、(インプラント)人工の歯根をあごの骨に埋め込み歯を作る治療法です。
 
ブリッジは違和感が少ないが、健康な隣の歯を削らなくてはいけないというデメリットがありました。
入れ歯に関しては、違和感や取り外しが面倒などといったデメリットがあります。
このような両方のデメリットを解消したのが、インプラントという治療法です。
固定式なので、ガタついたりせず自分の歯のように強くかめるようになります。


ご予約・お問い合わせはこちらから

所在地
〒154-0002
東京都世田谷区下馬2-2-18
診療科目
一般歯科、小児歯科、矯正歯科、審美歯科
診療時間
【休診日】水・日(午後)・祝
【午前】9:30~13:00
【午後】14:30~20:00
facebook三軒茶屋ふじわら歯科医院
PAGETOP
Copyright © 三軒茶屋の歯医者さん「ふじわら歯科医院」 – 東京 All Rights Reserved.