カテゴリー別アーカイブ: ブログ

歯科の訪問診療でどんな治療が可能?

こんにちは。下馬 野沢 三軒茶屋エリアのふじわら歯科医院です。

9月になって一段と気温が下がってきました。もうすぐ秋ですね。

ふじわら歯科医院では、訪問歯科を行なっています。訪問歯科でどんな治療が可能でしょうか?

Q.歯科っていろんな機材が必要ですよね?
  在宅で治療って受けられるんですか?

A.近ごろはポータブルユニットの普及もあり歯科医院で受けるのとほとんど変わらない治療を受けられるようになってきました。
  入れ歯の調整から製作、詰め物、被せ物など通常の治療であれば対応は可能です。

 たしかに、歯科医院の診療室は大きなチェアやユニットなど、いろんな器械や器具がいっぱいで、内科の診療室とはずいぶんと雰囲気が違いますね。おっしゃるとおり、歯科の治療や口腔ケアにはさまざまな器械や道具が必要で、昔のお医者さんのように医療カバンひとつで往診、というわけにはいきません。
 とはいえ、どんな治療やケアをご希望なのかがあらかじめわかれば、必要な機材を車に乗せて運ぶことは十分可能です(私も、訪問診療をはじめた当初は、医院で使っている機材をみつくろって車に積み込み、患者さんのお宅にお伺いしていました)。通常の治療はこれで対応できます。
 また、近ごろでは治療や口腔ケアに使うひととおりの機材がコンパクトにセットされた、往診用のポータブルユニットや、ポータブルのレントゲンも普及してきています。これに加えてミラーやピンセット、エキスカベーター(むし歯の掃除をする器具)、スケーラー(歯石を取る器具)などの7つの道具を車に積み込めば、歯科医院とたいして変わらない装備を整えてお伺いすることができます。つまり、歯科医院で受けるのとたいして変わりない治療をご提供することができるのです。
 患者さんの主張に多い入れ歯の調整だけでなく、たとえば入れ歯の製作、被せ物の製作、もちろんむし歯治療や歯周病の治療まで、通常医院で行っているほとんどの治療に対応可能で、できないものといえば、インプラント治療くらいでしょう。ただし、患者さんがあまりお疲れにならないように、様子を見ながらその患者さんに合った治療を少しずつ進めさせていただくことになります。
 抜歯などの外科処置については、持病の様子によっては医科の主治医と連携をし、また、必要に応じて入院設備などが整った病院歯科をご紹介する場合もあります。
 治療をはじめる前には必ず、どんな持病をお持ちなのか、どんなお薬を飲んでおられるのかを確認し、その日の体調をチェックしてから治療を開始します。座椅子やクッションに深く座っていただき、クッションなどの支えを使いながら安定した姿勢をとっていただくことが重要です。車椅子に座っている場合は、ストッパーをしっかり下して動かないように固定します。
 誤嚥を防ぐために顔が上向きにならないように注意して、患者さんの疲れ具合をみながら治療を進めていきます。なるべく手早く治療しますが、患者さんの体調によっては何回かに分けての治療になります。様子を見てご相談しながら進めていきますのでご理解をお願いします。

肩こり・腰痛の原因は噛み合わせかもしれない

こんにちは世田谷区三軒茶屋 下馬 野沢のふじわら歯科医院です。
3月は天気が大荒れですね。今朝の大雨は大丈夫でしたか?
さて今回は
「肩こり・腰痛の原因は噛み合わせだった」
について

 右の奥歯が抜けたままになっている人は、左の肩から背中にかけてひどい「こり」がでる。これは歯科版「マーフィーの法則」だ。私は長年歯科診療をしている中で、数多くのこうした患者をみてきた。ところが、奥歯を入れて全体の噛み合わせを調整ずると、不思議なことに長年のこりが解消したというケースは本当に多い。
 肩こりだけでなく、イライラ、不安、頭痛、吐き気、やる気の低下、気鬱などのいわゆる不定愁訴も、噛み合わせを調整しただけで解消することも多い。
 人間は常に重力に対抗しながら生きている。骸骨の標本を見るとわかるのだが、数多くの関節がある中で、背骨につながっていて左右に関節があるのは、顎関節と仙腸関節の二つである。つまり。この二つの関節が、身体の中心軸を保つ役割を担っているといってもいい。
 中でも顎関節は、頭蓋骨に近いところにあって、重い頭を支えており、頭頸部の筋肉と密接に関係しており可動域も広い。さらに全身を動かす際に、バランスをとるために顎関節は重要な役割を担っている。
 もしこれがずれてしまったら、頭頸部はもとより全身に影響がでることは推察できる。
 噛み合わせを調整するといっても、薄い紙一枚あるかどうかというごくわずかな調整だけだ。この紙一枚分が違って、左右のバランスがずれていても、長い間にはどこか一本の歯に負担をかけ、咀嚼筋のアンバランスを引き起こす。それによって首の筋肉が引っ張られて筋肉が緊張する。これが頭痛や背中の張りやこりとなって表れる。肩の筋肉が固くなるために腰部の筋肉も引っ張られ、腰痛の原因ともなる。歯のわずかなズレが他の関節や筋肉、リンパ系や体液系に影響を与え、多くの症状をもたらす。
 歯ぎしりも、噛み合わせによって引き起こされることが多い。
 歯ぎしりは、上下の歯を噛み合わせたままで横に動かすことによってギシギシという音が発生する。犬歯は横方向への動きにもある程度耐えられるが、他の歯は横揺れに弱い。
 実は噛み合わせが悪いと、早期接触が起こる。全ての歯は、上下同時に合わさるように設計されているのだが、どこかの歯だけ先に接触することがある。これが早期接触だ。先に接触する歯があるということは、遅れて接触する歯もあるということで、身体はこのアンバランスな状態を正常に直したいと、歯をこすり合わせることで歯を削り高さを同じにしようとする。自分で歯を削るのだ。
 歯ぎしりによって差し歯にひびが入ったり、差し歯が外れることがよくあるが、これは噛み合わせが悪いために、早期接触が起こっている可能性が高い。
 ほんのわずかな噛み合わせの悪さが、肩こり・腰痛、不定愁訴どころか歯をだめにする原因になることもある。注意が必要だ。

メタボは歯周病になりやすい

こんにちは。世田谷区三軒茶屋、下馬、野沢エリアのふじわら歯科医院です。
まだまだ寒い日が続きますね。今年はインフルエンザが大流行とのことなので、
お体にはくれぐれも、お気をつけてください。
さて、

すっかり定着したメタボリックシンドローム。
 内臓脂肪の面積が一〇〇平方センチメートル以上あり、血圧、中性脂肪あるいはHDL(善玉コレステロール)、空腹時血糖値のうち二つ以上の検査結果が基準値を上回っている場合、メタボリックシンドロームと診断される。目安としておへそのまわりの数値が男性で八五センチ以上、女性は九〇センチ以上あると内臓脂肪系の肥満の可能性が高いとされる。
中年太りといわれるが、男性と女性の脂肪のつき方の違いがある。男性の場合は、おなかがぽこんと飛び出したような脂肪のつき方をするので「リンゴ型」、女性の場合は、お尻を中心に脂肪がつくので「洋ナシ型」と表現される。内臓脂肪というのは内臓のまわりにぴったりとつく脂肪のことで、男性に多い「リンゴ型」がこれに当たる。
メタボを日本語にすると代謝症候群で、生活習慣病を誘発するリスクが高くなるといわれる。研究が進み、メタボになると生活習慣病だけではなく、歯周病の発症率が高くなるという結果も発表された。
 これを発表したのは、九州大学大学院歯学研究の斎藤俊行教授のグループだ。
 二〇歳から五九歳の二四一人を対象にBMI体重[kg]÷身長[m]の二乗で算出する体格指数)と歯周病の関係を調査した。すると、肥満の人は歯周病に罹っている率が高いことがわかった。
 BMI値が二〇未満の指数を一とすると、二〇~二四・九の人が歯周病に罹患している割合は一・七倍に、BMIt値が二五~二九・九(肥満度一)の人だ三・四倍、BMI値が三〇以上(肥満度二)の人では八・六倍にもなることがわかった。標準体重に比べて肥満者は、八倍以上歯周病に罹患している。
 しかも体脂肪率が五パーセント上がるごとに、歯周病に罹るリスクが一・三倍に上昇するという結果になった。他のリスクファクターになりうる数値を加えて分析しても、肥満者は歯周病を罹患するリスクが高い。
 その後原因を究明する研究が行われ、脂肪細胞に関係していることがわかってきた。脂肪細胞は余ったエネルギーを貯蔵しておく場所だが、実は他にも様々な働きをしている。
 脂肪細胞は、生命維持に欠かせないホルモンなどを生み出す分泌器官だというのだ。脂肪細胞はレプチンという、飽食ホルモンを出している。
 分泌されたレプチンが視床下部にある満腹中枢を刺激することで、食欲の抑制とエネルギーの消費を増やすような働きをすることが発見された。一九九四年のことだ。食欲をコントロールするホルモンが脂肪細胞から出ているとは驚きだ。
 人間の体内には、平均して三〇〇億から六〇〇億個の脂肪細胞があるといわれ、食べすぎや運動不足で余った脂肪が細胞の中に取り込まれる。すると細胞自体が大きく膨れていく。東京医科歯科大学難治疾患研究所の小川佳宏教授の研究では、肥満細胞が巨大化するだけでなく、免疫細胞のマクロファージが入り込んで増殖し、炎症を起こすTNF-aなどの腫瘍壊死因子を全身に送り出していることがわかった。
 この因子が増えすぎると血管が詰まりやすくなり、するとさらにマクロファージが増えて脂肪細胞を活性化させる。そして炎症を起こさせる複数の物質の集まりである炎症サイトカインが分泌される。太って脂肪細胞が巨大化しただけで、炎症を起こさせる物質が体内に大量に排出される。メタボの人の血液検査をすると、炎症を示す高感度CRPマーカーの数値が基準よりも高くなっていることで、これが証明される。
 実はこの一連の働きが、歯周病を悪化させる。
 歯周病菌による歯槽骨の吸収は、腫瘍壊死因子TNF-aの感受性が高くなり、マクロファージの働きが悪くなり結果として歯周病が悪化するというわけだ。
 さらに怖いのは、肥満細胞から分泌されるアディポサイトカインの仲間のPAI-1(Plasminogen Activator inhibitor-1)が血液の凝固を促進し、虚血性心疾患にも関与している。血中にPAI-1が増加すると、歯周組織の毛細血管にも血液が流れにくくなるので歯周病も促進する。
 少し難しくなったが、つまりは太っているということ自体が炎症が起こっているということなのだ。この炎症が歯周病を悪化させる。

つまり、生活習慣病と歯周病は深く関わり合いがあるということです。

クリスマス

IMG_2094
三軒茶屋 下馬 野沢エリアのふじわら歯科医院です。寒くなってきましたね。ニュースではインフルエンザが流行の兆しがあると伝えていました。お体には注意なさってください。今日から12月、クリスマスツリーを飾りました。綺麗ですので、ぜひご覧になってみてください。

ハロウィン

こんにちは。三軒茶屋、下馬、野沢エリアのふじわら歯科医院です。
今日はハロウィンの飾りつけをしました。今年は寒くて雨が多いですね、
急に寒くなってきたので、お体にはご注意ください。
IMG_2078

IMG_2076

IMG_2074

IMG_2077

親知らずは抜いたほうが良いか?

三軒茶屋、野沢、下馬エリアのふじわら歯科医院です。「親知らずを抜いたほうがいい」と歯科医師から指摘されたことのある方、結構おられるのでは?横向きに生えた親知らずは、隣の歯を押して傷めたり、虫歯や歯周病の温床になってお口の中で深刻な悪さをしている場合があります。
そんな親知らずは若いうちに抜歯しておいて「正解」です。
ただ、親知らずの抜歯って大変ですよね。それで、指摘されてもに二の足を踏む方が多いのです。
そういったときには、抜かずに様子を見ます。
歯の萌えかたによっては簡単に抜けますが、横向きになって顎の骨に埋まっている場合は、まず顎の骨を削って親知らずの頭を出し、その歯を割ったり削ったりして少しずつ取り除いていきます。
こうして歯を削る必要がある分、他の歯の抜歯と違って、術後数日は痛んだり、腫れたりします。歯を抜くのは、治療とは言え、からだにとって切り傷や打ち身みたいな怪我です。ですから、治るのに時間がかかるのは自然のことなんです。ただ、処方された薬はお薬はきちんと飲んでくださいね。痛み止めは腫れ止めも兼ねていますし、抗生剤は切り傷の感染を防ぎます。お薬の力を借りて、抜歯後の痛みやストレスから解放されることも大切です。
ところで、腫れた頬を保冷材でガンガンいるということ。たしかに熱を持っている頬を冷やすのは、気持ちがいいでしょう。でも保冷剤で冷やすのは、傷の治りには良くないようです。
専門の先生にお聞きしたところ、「熱をもってつらいときは、冷やすとだいぶ楽になると思います。ただし保冷剤や氷を使うと冷えすぎになるので、水に濡らして絞ったタオルで冷やす程度がいいでしょう」とのことでした。冷やしすぎると血行が悪くなり、傷の治りが遅くなってしまうことがあるそうです。
しばらくは腫れて辛いこともありますが4.5日すれば目に見えて腫れが引いてきます。冷やしすぎに注意しながら、お大事になさってください。

口臭のない笑顔の会話を

世田谷区三軒茶屋、野沢、下馬エリアのふじわら歯科医院です。
毎日暑い日が続きますね、体調にはご注意ください。口臭を気になさられる方は多くいらっしゃると思います。そこで、口臭が気になる人は歯医者さんへ来院ください。
厳密に言えば、口臭が全くない人はいません。その意味では、口臭があることを必要以上に気にしなくてもいいのです。
口臭など感じられない、少なくとも人間の嗅覚ではわからないのに、自分には口臭があって嫌われていると思い込んでいる患者さんがいます。
これは「自臭症」と呼ばれる神経症で、心の疾患です。自分には口臭がない、相手もそう思っていない、ということを理解する練習(心理療法)が必要です。
しかし実際に口臭のある方はいます。自分では分かりにくいものですし、相手も指摘しづらいのです。なんとなく気にしている人は少なくないと思います。特にお客さんと顔を突き合わせてお話ししなければならない職業の方は、余計に自分の口臭で相手を不快にしていないか、不安に感じるようです。心配な人は、まず歯科医院で相談するといいでしょう。

口臭の原因
イヤなニオイは元から絶つ、というのが定石です。口臭の原因を考えてみましょう。ニンニクなど強い匂いを持つ香辛料を食べた後、誰でも口臭が現れます。それは、匂いの成分が呼気(吐く息)に混ざるためです。したがって、ニンニクを大量に使った料理を食べた後などは、いくら歯を磨いても口をゆすいでも口臭は取れません。二日酔いなどのときも同様です。
しかし、食べ物による口臭は、やがてなくなります。一方で、いつも口臭がある、寝起きは特にひどいという場合、その原因のほとんどは歯周病や虫歯です。(まれに歯科領域以外の疾患による口臭もあります。)歯周病菌や虫歯菌は、口の中に残った食べ物のカスをエサにして、揮発性のメタンガスやアルコールを発生させます。大きな虫歯や進行した歯周病を放置しておくと、こうした揮発性物質が増えて、ひどい口臭などになっていきます。また、詰め物や入れ歯がしっかり合っていないと、小さな隙間で細菌が増殖してしまう場合もあります。
このようなこともあるので、治療が終わった後もチェックが必要です。もちろん、治療後に定期的に検診とクリーニングを行っていれば、こうした心配は少なくなります。

桜満開

こんにちは。三軒茶屋 野沢 下馬 エリアのふじわら歯科医院です。
昨日はやっと20℃を超える暖かさ。桜も満開になりました。
医院の前は桜でいっぱいです。今年は目黒川の桜が一番人気らしいのですが、
こちらの緑道はとても空いているのでチェックしてみてください。
蛇崩川緑道といいます。(目黒川の支流なので近いです)

では歯の検診もお忘れなくよろしくお願いします。
IMG_1987IMG_1988

パンダ先生

こんにちは。今日の東京は雨から雪に変わってきました。寒いので風邪にはご注意ください。ミニュチュアのパンダ先生です。初診の方をご案内するユニットに飾ってあります。歯の治療やクリーニングご希望の方はご覧になってみてください。よろしくお願いします。
IMG_1950

歯を磨いているのにどうして虫歯ができるのですか?

新年あけましておめでとうございます。

三軒茶屋、下馬、野沢エリアのふじわら歯科医院です。
今年も寒波がやってきましたね。寒くなりました。今週末にはセンター試験があるそうです。
寒さに負けず、がんばってください。
さて
「歯を磨いているのにどうして虫歯ができるのですか?」
とよく質問をいただくので、まとめてみました。

虫歯のできやすい場所の汚れが落ちていないからだと考えられます。
それでは歯を磨いていないのと同じです。
歯磨きの最大の目的は、プラーク(歯垢)を落とすことです。歯を磨くタイミングに注意するとともに、特にプラークの付きやすい場所を丹念に磨く必要あり、正しいブラッシングしなければなりません。歯磨きのポイントは次の4つです。
その日の汚れはその日に落とす
虫歯のできやすい場所(歯の噛む面、歯と歯の間、歯と歯茎の境目)をしっかり磨く
口の大きさに合った歯ブラシを選び、直角に当ててソフトタッチで磨く
歯磨き粉はつけなくてもよい

口の中は細菌類が住むのに適当な環境になっています。虫歯菌は、ものを食べた後、数分後位から食べかすを腐らせて、口の中を酸性にします。この酸が30分後くらいの間に歯を溶かして虫歯にしていきます。
虫歯を防ぐには、口の中にプラークをためないことが大切です。食べた後は30分以内に歯磨きをする習慣をつけましょう。糖分の少ない食生活を心掛け、糖分が口の中にある時間をなるべく少なくしてください。
歯の磨き方には何通りかの方法があります。症状や年齢によっても適切な磨き方は違ってきます。
最も一般的な方法は、「スクラッピング法」です。歯ブラシの毛先を歯と歯肉の境界に垂直に当て、小刻みに横にこすってプラークを取り除きます。
歯周病の方に適しているのは「バス法」です。歯と歯肉の間に45度の角度で当てた歯ブラシを小刻みに動かし、歯肉溝の中にあるプラークも除去します。
かかりつけの歯科医院で歯磨き指導を受け、自分の状態にあった磨き方をマスターしてください。せっかく虫歯を治療しても、同じ磨き方だとまた同じところから虫歯になります。歯と歯の間のプラークは、歯ブラシでは完全に取り除くことはできません。歯間の掃除には、歯科衛生士指導の下、デンタルフロス(糸ようじ)や歯間ブラシという専用のブラシなどを使うようにしましょう。
ただ、たとえ毎日時間をかけて丁寧に歯を磨いたとしても、歯と歯の間や歯の裏側、奥歯の裏など、歯ブラシの届きにくい箇所の汚れを完全に落とすことができません。磨ききれないところにはどうしてもプラークがついてしまいます。
ですから、徹底的に汚れを落として清潔な歯を保つためには、定期的に歯科医院でクリーニングしてもらうことをおすすめします。
虫歯や歯周病のある人は、3か月に一回はクリーニングに通いましょう。
それ以外の人も、半年に一回くらいはお掃除をするのが望ましいと思います。体質によって歯石が付きやすい人と付きにくい人もいるので、歯科医と相談の上でクリーニングのペースを決めるようにしましょう。特に一度虫歯になったところは歯ブラシが当たっていないので、今までと同じではまた虫歯になる可能性があります。歯科医院でブラッシングの方法をトレーニングしてもらいましょう。