作成者別アーカイブ: admin_fujiwaracli

子供の舌の癖(くせ)って何?

舌癖の原因と対処法って?

三軒茶屋のふじわら歯科医院です。
Qうちの子にはなぜか舌癖があるのでしょう?どういうきっかけでなるのですか?
A離乳の時期や指しゃぶりなど様々な原因があります。対処法についてもお教えしましょう。

●離乳の時期を遅くしすぎていませんか?
2歳を過ぎても授乳を続けていると、舌を前方に出して乳首を巻き込みしぼるようにして飲む乳児独特の舌の動きのために、舌を前に出すクセが残りやすくなってしまいます。また離乳期からはじまる、噛んで飲み込むための舌の動きの訓練が足りなくなることがあります。その影響で、飲み込みのための上手な舌の動きが獲得できず、舌が下がったり前に出る原因となります。
●対処法&アドバイス
授乳をなかなかやめられないお母さんも多いかと思います。授乳は親子の絆を育んできた証、やめるきっかけがないかもしれませんが、とくに添い寝の授乳は虫歯の原因にもなります。お子さんのためにも2歳を目安に卒業させましょう。

●指しゃぶりや、おしゃぶりも遅くまでしすぎていませんか?
指しゃぶりのクセがあると、指が押してしまうことで指の形に合わせて上と下の前歯のあいだにすき間ができ、あごの骨も押して変形させ、開咬の原因になります。大きくなってもやめられなかったり、さらに開咬の穴に下を突っ込むクセが始まってしまうと治りにくい難症例になってしまいます。また、おしゃぶりやタオルなどを口に突っ込むクセもよくありません。指ほど固くはないので影響は少ないですが、同じように開咬の原因になります。
●対処法&アドバイス
1歳半を過ぎたら、2歳を目安に徐々に指しゃぶりやおしゃぶりもなくしていきましょう。開咬になってしまってもそのすき間に舌を突っ込むクセが出なければ、指しゃぶりをやめた後、半年もかからずに歯並びがよくなることもありますが、すき間に下を突っ込むクセが出てしまうと、そのクセを直すのは非常に大変です。ただ無理矢理やめさせると精神的に不安定になってしまうことがあります。「お兄ちゃん(お姉ちゃん)になったからやめようね」と話し、手遊びをしたり、外遊びを思い切りさせるなどの夢中になれることができるとやめられるかもしれませんね。親が焦らずにゆっくり構えることが大事です。

●乳歯を早く抜きすぎていませんか?
乳歯を早めに抜きすぎると、永久歯がなかなか生えてこないことがあります。歯がなかなか生えてこないと、歯がないところのすき間から空気が漏れて飲み込みにくく発音しにくい上、そのすき間がきになって、あいだに舌を突っ込むクセがつくことがあります。歯が生えてきてもそのクセだけが残ると、開咬の原因になってしまいます。
●対処法&アドバイス
乳歯はぐらぐらして気になっても、早く抜きすぎないようにしましょう。乳歯が抜けた後、永久歯がなかなか生えてこない場合は、歯茎を切開して永久歯が出てきやすくしたり、時には義歯を使って舌癖を防ぐこともあります。乳歯を抜歯する基準はかわりの永久歯が見えてきたときです。ご相談ください。

●気になる場所があるのに放置していませんか?
口の中に大きな虫歯やぐらぐらなのになかなか抜けない乳歯などの気になる場所があると、つい下で触ってしまうことがあります。このクセが長く続くと、舌に押されて歯が動き、開咬の原因になってしまいます。
●対処法&アドバイス
気になるところがある場合は放置しないでなるべく早く歯科医院の健診に通って、生え替わりによる口の中の変化をみてもらったり、虫歯予防をしていきましょう。

80歳で20本の歯を残しましょう!

自分の歯が20本以上あれば物は噛めるとされています。
三軒茶屋のふじわら歯科医院です。

子供の頃から習慣的に行っている歯磨き。「毎食後、歯磨きをして口の清潔を保ちましょう!」と教えられ、継続してきました。しかし、欧米と比べ、日本人の口の健康状態はそれほど良好ではないということを知っていますか?人間は、年老いても残存歯が20本あれば、問題なく食べ物を咀嚼し、食べることができると言われています。そこで、日本歯科医師会は「80歳になっても20本以上の自分の歯を保つ」という、8020運動を1989年から提唱してきました。厚生労働省による2011年の歯科疾患実態調査では、8020達成者は3人に1人と過去最高になりましたが、依然として年老いたら歯が抜け落ちて入れ歯になるのが当たり前だという意識がどこかにあるのも事実です。これは、「歯が痛くなってから歯医者さんに行く」という潜在意識がそうさせており、「虫歯や歯周病にならないように歯医者さんに行く」という観念にシフトできていない現状があると言えます。この状況から脱するためには、まず、私たちは口の健康が全身状態とどのように関係しているのかを知り、口腔ケアの正しい知識を身につけて実践していく必要があります。

口腔ケア軽視から口腔ケア重視の時代へ
日本人の平均寿命が世界一になってからというもの、とにかく寿命を延ばすことだけを考えてきた医学界は反省をこめて、個人の尊厳や健やかに老いることを重視した、「健康寿命」に焦点を当てるようになりました。「健康寿命」とは、日常的に介護を必要としないで自立した生活ができる生存期間のことです。しかし、その中でも口腔ケアは軽視されがちでした。2000年に施行された介護保険では、口腔ケアに触れた言葉は一切見当たりませんでした。しかし、06年に改定された介護保険でようやく口腔機能に関する評価やサービスが導入されました。口の健康は、自立した日常生活が送れている人にとっては、毎日の歯磨きや定期的な歯科医院への通院で問題なく維持できます。しかし、要介護者にとっては様々な問題があります。たとえば、①本人および介護者が口腔ケアの重要性を認識できていない、②全身状態が不良で口腔ケアに必要な体位をとらせることができない、③むせや誤嚥する危険性が高く、十分にケアを行えない、④より個別性に合わせた口腔ケアが行えないなど、より専門的な技術を求められるケースも多くあります。

口腔機能低下チェック
□ 食事が楽しいと思えない
□ 半年前と比べてかたいものが食べにくくなった
→「はい」と答えた方
□ 歯の痛みなどが原因で食べにくいものがある
□ 奥歯でしっかりかみ合う歯がない
□ 噛む力が弱くなった気がする

□ 食事中の食べこぼしがある
□ お茶や汁物などでむせることがある
□ ガラガラうがいが出来ない
□ 唾液を繰り返して30秒間に3回以上飲めない
□ 口の渇きが気になる
□ 口臭を指摘されたことがある
□ 寝る前に歯や義歯の手入れをしないことがある

チェックがついた項目の改善方法をかかりつけの歯科医と相談しましょう。

目立たない矯正

in
三軒茶屋のふじわら歯科医院では、「新しい笑顔」で始める、新しい歯科矯正治療を行っております。
●インビザラインシステムのメリット
・目立たない
インビザライン・アライナーは透明に近く目立たないため、装着していることがほとんど分からず、見た目によるストレスを感じさせません
・取り外しができて衛生的
食事や歯磨きの時はアライナーを取り外すことができるため、普段どおりに歯のお手入れができ、口腔衛生を健康な状態に保つことができます
・口腔内トラブルが少ない
ワイヤーやブランケットを使用しないため、口の中の違和感が少なく、矯正装置が外れてしまうなどのトラブルの可能性も少なくなります

「目立たない」という選択
装着していても周囲から気付かれにくい、マウスピース型の矯正装置「アライナー」を使って歯並びを矯正するインビザラインであれば、矯正治療中も笑顔を見せることができます。カスタマイズされたアライナーを2週間ごとに交換しながら装着することで、綺麗な歯並びへと変化を遂げていきます。少しずつ歯が移動するにつれて、理想的な笑顔へと近付いていくことでしょう。

主な症状例―あなたの歯並びは?
でこぼこした歯並び、歯と歯の隙間、上の歯が出ている、下の歯が出ている、上の歯が舌の歯を隠している、奥歯は噛んでいるが前歯は噛んでいない

「インビザライン・システム」という選択
・患者様一人ひとりの歯にカスタマイズ
インビザラインは、患者様一人ひとりの歯に合わせて作製される、「インビザライン・アライナー」を装着することで段階的に歯を動かし矯正を行います。

・いつでも簡単に取り外し可能
アライナーは装着していても違和感が少なく、取り外しが可能なため、食事や歯磨きなど日ごろの多忙なライフスタイルにも支障がありません

インビザライン・システムに関するQ&A
Q:治療できる範囲は限られますか?
A:一般的な矯正装置と同様、治療の適用範囲に制限は設けておりません。但し、担当医の治療方針等によって対応できる範囲が異なるため、詳しくは担当医へご相談ください。

Q:治療期間はどれくらいですか?
A:治療期間は先生の治療方針や治療計画等によって異なりますが、従来の矯正治療とほとんど変わりがないと矯正歯科医から報告されています。

Q:治療に痛みはありませんか?
A:痛みの感覚には個人差がありますがマウスピース矯正は一般的に従来の矯正装置のようにブランケットやワイヤーによる痛みや不快感が少ないと矯正歯科医より報告されています。

Q:治療費用はどれくらいかかりますか?
A:治療費用は、必要な治療の種類や期間等を踏まえて決定されます。お支払いプラン等も医院によって異なりますので、各医院へご相談ください。

Q:年齢に制限はありますか?
A:年齢による制限はありません。永久歯が完全に生え揃っていない患者様も、インビザラインによる治療が可能です。詳しくは治療を担当する矯正歯科医に直接ご相談下さい。

7月になりました!

三軒茶屋のふじわら歯科医院です。
皆様いかがお過ごしですか?

湿気も増し、暑い日々が増え、日中や寝る時など
冷房をつける機会が増えました。

クーラーによる風邪の方が増えてきています。
外出先で汗をかいたままで冷房の中へ入ったり、
冷房をつけたまま寝てしまうと風邪をひくことがあります。
お気をつけください!

また、飲み物も冷たいものの取りすぎでお腹を壊す方が
多くなっています。これから暑い日が続きます。
水分の補給は大切ですが冷房、冷たい飲み物ばかりの
体の冷やしすぎには注意してください。

やってみよう!ブラキシズム(歯ぎしり)チェック。

こんにちは。三軒茶屋のふじわら歯科医院です。
患者さんの中には、歯のケアに熱心なのに、歯が欠ける、折れる、被せ物が壊れるなどのトラブルを繰り返す方がいます。私の医院にも、そんな患者さんが来院します。お聞きすると、奥歯を失い、ブリッジやインプラントを入れてからも何度も壊れて作り替えたなど、治療の連鎖に悩んでおられるのです。
そんなときに疑われるのが「ブラキシズム(歯ぎしり)」です。ブラキシズムによって、歯や歯や周りの組織、あごの骨などにその耐久性を越える力が繰り返しかかることでトラブルは拡大していきます。
過剰な力が原因となれば、大切なのはその力を減らすこと。そのために欠かせないのが、患者さんの気づきです。ふだんの行動を認識することが改善への第一歩になります。
食生活の見直し(硬いものばかり食べていないか?)、クセの改善(噛みしめグセ、爪を噛むクセなどは?)、睡眠時のブラキシズムは?・・・あらゆる角度から力の影響を洗い出し、リスクをひとつずつ減らしていく必要があります。
もっとも見つけにくいのは睡眠時ブラキシズムです。自覚が難しいうえ、噛みしめだけの「隠れ睡眠時ブラキシズム」には家族ですら気づきにくいもの。チェック項目に該当するかたは、お早めに歯科医師にご相談ください。

●家族に歯ぎしりを指摘された
ご家族の証言は、もっとも信頼性の高い診断材料です。歯ぎしりは強い力で歯を磨耗させ、歯を揺すって歯周病を悪化させるなど、様々な深刻な被害を引き起こします。お早めに歯科にご相談ください。

●朝起きるとあごが疲れている
起床時にあごの疲れを感じるのに、日中には疲れが消えていませんか?歯が磨り減っていないのにこの症状がある場合、就寝中に噛みしめている「隠れブラキシズム」かもしれません。寝違えたと思い込んでいるかたもたまにいるのでご注意を。

●歯がすり減り光沢がある
奥歯の噛みあわせ面や前歯の先が、すり減ってツヤツヤしていませんか?光沢のある方は、ブラキシズムが現在進行中、マット感がある方は過去のブラキシズム痕の可能性大。歯科で診てもらいましょう。

●就寝前より朝のほうが知覚過敏が強い
夜の間の歯ぎしりで歯が擦れて、起きると同時に知覚過敏の症状が出ているのかもしれません。歯が削れていないか、歯科医院で診てもらいましょう。

●治療がよく壊れる
詰め物、被せ物、インプラントなどに耐久性を越える過剰な力が繰り返しかかると壊れやすくなります。とくに審美性の高いセラミックは近年著しく進化し、耐久性がアップして人気ですが、それでもブラキスズムにかないません。

●歯が欠けやすい。折れやすい。
過剰な力が繰り返しかかると次第に歯が傷み、あると耐え切れず、欠けたり折れたりしてしまいます。通常の噛む力は自分の体重ほどですが、睡眠中のブラキシズムは力の制御が効きにくく、さらに大きな力がかかってしまうのです。

●舌や頬に舌痕がある
舌の周囲や奥歯の周りの頬の粘膜に、歯の圧し付け痕はありませんか?就寝中のブラキシズム、また日中の噛みしめグセがあるかたの舌や頬には、筋肉が緊張し歯に圧しつけられた圧痕が残りがちです。

●骨隆起がある
就寝中に歯ぎしりや噛みしめをしたり、日中に噛みしめるクセがあると、舌あごの骨がいつのまにか変形し盛り上がってくることがあります。(口の中が狭くなるほかは、骨隆起自体にとくに害はありません。)

患者様駐車場を新設いたしました。

park2 park1
三軒茶屋のふじわら歯科医院では、患者様への利便性を考慮し来院患者様専用駐車場を一台分新設いたしました!!遠方からいらっしゃる方や、雨の日など、どうぞご利用ください。なお駐車の際には、周囲の交通に十分お気をつけください。場所は、医院の前の通り(一方通行)を二軒となりに行った、マンション(パサージュドゥサクラ)前になります。パンダの看板が目印です。おわかりにならないときは、ご気軽に受付までお尋ねください。

がん治療前に歯科検診が必要なんて意外です。実際、どの程度役に立つのですか

皆様こんにちは、三軒茶屋のふじわら歯科医院です。

今回は、術後の合併症が何分の1のも減ったり、抗がん剤と放射線を組み合わせた治療の治療完遂率がぐっと上がるなど、めざましい効果が認められています。いくつかご紹介しましょう。

がん治療の研究は、がんの治療成績を向上させることを最優先課題として長くすすめられてきました。
しかし、がん治療の副作用による合併症に苦しむ患者さんを支援するための治療(支持療法)は、当初残念ながら十分には行われてきませんでした。

現在、支持療法としてよく知られているのは、患者さんへの精神的なサポートでしょう。
精神的なケアを受けて治療を続けた方のほうが、そうでない方と比べると治療成績の差が出ることが明らかになってから、日本でもカウンセリングの体制が整えられました。現在多くのがん専門病院にはカウンセラーが常勤し、こころのケアを行って患者さんの治療の支援をしています。

がん治療前や、必要に応じてがん治療中にも行われる歯科の口腔内ケアや治療は、こうした支持療法の分野のひとつです。
口にかかわるトラブルによるがん治療の苦しみを、できる限り取り除こうというのが、歯科の支持療法の目的です。

がん治療のなかでも、抗がん剤治療、放射線治療には副作用がつきものです。
しかし、口のなかの歯石を取ってばい菌のかたまりであるプラーク(歯垢)を除去し、ばい菌が巣食っているむし歯や歯周病を応急的に治療しておくと、副作用によって起きがちな口内炎、肺炎、敗血症などを確実に減らすことができます。
こうした合併症を抑えることができると、患者さんの苦しみが軽減し、副作用のダメージから回復しやすく、がん治療の効果も上がりやすいのです。

歯科ががんの患者さんに向けてできることは、直接がんを治すことではありません。
しかし、副作用に苦しみ治療後の回復が思うようにならない患者さんを助けることができます。

「せっかく治療を受けるのなら、やれることは何だってやって病気を治していただきたい」。

三軒茶屋のふじわら歯科医院では、予防歯科は、こんな気持ちで取り組んでいます!
いつでもご相談ください。

三軒茶屋のふじわら歯科医院では、歯を削る医療機器を滅菌消毒しています。

三軒茶屋のふじわら歯科医院では、高温オイルデンティスターを導入しています。

通常使われる鏡、ピンセットはもちろんのこと、ハンドピース(歯の切削器具)においても、滅菌消毒を導入しております。

1本ずつ、内部・外部まで洗浄されたハンドピース(歯の切削器具)により万全の院内感染対策を施しています。

厳しい衛生環境の下、安全な治療をご提供します。

(感染防止に)
肝炎ウイルス、HIV感染者や結核菌感染者に使用した後の院内感染を防止し
ます。

(使い勝手の良さが、清潔をお約束)
手軽にいつでもお使い頂ける上、お手入れにも面倒がありませんので、
患者さんには常に良い状態で治療を受けて頂けます。

(安心感を、視覚&聴覚にアピール)
患者さんの不安感を解消します。

三軒茶屋のふじわら歯科医院で、患者さんに「安全」と「安心」をご提供いたしております。
安心して御来院ください。

神経を抜いたはずなのに、なぜか歯が痛い!

こんにちわ。三軒茶屋のふじわら歯科医院です。

「神経を抜いたはずなのに、なぜか歯が痛い!」
と感じることはありませんか?

神経がないんだから 痛いハズないのに!!
って思う方も多いですが
歯には内側の神経と外側の神経があります。
神経を抜いたというのは
歯の中にある内側の神経を抜いているんですね。
歯の根の先に細菌が残っていると
根の先が腫れたり痛みが出たりすることがあります。
これらの感覚は歯の外側の神経が感じる感覚です。
また、歯の周囲の歯肉などが炎症を起こして
その歯が痛いと感じている可能性もあります。
いずれにしても、
原因が解れば対処法がありますから
ご安心ください。

歯の治療のことなら、三軒茶屋のふじわら歯科医院にお気軽にご相談ください。

歯石を取りに、何度も通うのはなぜ?

こんにちは!三軒茶屋のふじわら歯科医院です。
むし歯の治療で来院した時に、「歯石も取っておきましょう」と言われて、何度か通うことになった経験はありませんか?どうして一度に取ってくれないのだろうと、疑問に思った方もいらっしゃるかもしれません。
その原因としては、むし歯の治療だけ、歯石だけ、と思って来院した患者さんが、実は歯周病にかかっていたことが考えられます。
前にもお話したように、自覚はなくても、ほとんどの人が歯周病にかかっています。つまり、歯科医院側からすれば、歯石取り=歯周病の治療なのです。
歯科医師や歯科衛生士が行う歯石取り、これを「プロフェッショナルケア」と言います。歯周病の治療には、患者さん自身が行う「セルフケア」と、歯科医院で行う「プロフェッショナルケア」の両方が必要になります。歯周病は、患者さんと歯科医師・歯科衛生士が、チームとなって一緒に治していくものなのです。
では、「プロフェッショナルケア」とは、どのようなことを行うのでしょうか。
まず、歯石やプラーク、着色汚れ(ステイン)などを取って、歯の見えている部分をキレイにしていいます。
最初にこのような汚れを取るのは、患者さんが歯磨きをしやすくするためです。
歯石がついていると、歯ブラシが歯と歯茎の境目に当たらなかったり、歯と歯の間がよく磨けなかったりします。その結果、プラークが溜まったままになって、菌がどんどん繁殖してしまうのです。そこで、まずは歯みがきのじゃまになる、見えている歯石を取っていきます。
それから、お茶やコーヒー、赤ワインなどでついてしまう、着色汚れ(ステイン)も取ります。この着色自体は菌ではありませんが、歯の表面がつるつるではない状態になるので、プラークがつきやすくなります。だから、着色も取って、つるつるの面にしてあげます。
ここまでは準備運動のようなもの。患者さんの歯みがきが上達してきたら、本格的な治療の開始です。
それは見えない部分(歯茎の中)の歯石を除去すること。歯周病の治療では、これがとても重要なのです。
歯周病は、歯茎の中についている歯石が原因で進行するので、取り残しがあると治りません。しかし見えない部分についているので、患者さんはもちろん、歯科医師や歯科衛生士でも確認しにくいものです。では、どのようにして、これを取るのでしょうか。
基本は、歯茎の中へ専用の器具を入れて、歯石の有無を確認したら、1本1本丁寧に取っていきます。歯石がついていない部分でも、歯の根っこの表面がザラザラになっていると、そこにプラークがつきやすいので、やすりをかけるようにつるつるに仕上げていきます。
この時、歯茎の中に触れていくため、痛みが出そうな場合には、前もって麻酔をして行います。
また深い歯周ポケットの場合には、歯茎をめくって、歯の根を目で確認しながら歯石を取っていくこともあります。そうすれば、確実に歯石を取りきることができます。でも歯茎をめくるなんて、想像しただけでも痛そうですよね。
このような治療は、患者さんが受ける負担と、それを行う効果をきちんと検証して、相談して決めていくことが大切です。
すべての歯に、ひととおり治療が終わったら、どれくらい良くなったか、歯石の取り残しはないかなどの検査をしてから、再治療や経過観察、メンテナンスへと進んでいきます。
ここまでの治療期間は、健康に近い方なら1カ月くらいで済みますが、場合によっては半年~年単位でかかってしまう場合もあります。
歯周病は時間をかけて進んできた病気です。そのため、治る時にも同じように時間がかかると思って、根気強くゆっくり治していきましょう。
途中でやめてしまうことが、一番危険なのです。